Image

基板を自作する会 2回目

2017/02/20 11:11:18

会の趣旨

電子工作をしていて、こんなことを思ったことはありませんか?

  • オリジナルの形の基板を作りたい
  • 手ハンダでは複雑で大きくなってしまう回路を基板化して小さくしたい
  • 手ハンダで作った回路を量産したい

この会は、そんな悩みの解決や希望の実現のために、主催者が学んだKiCadの使い方を共有したり質問を受け付けたりしながら、参加者の方に基板の自作に取り組んでいただく会です。

「KiCadの使い方を知っているし基板も作ったことがあるけれど情報共有の場が欲しい」という方は「もくもく(黙々)枠」でご参加ください。

持ってきて頂くもの

  • KiCadをインストールしたPC
    この会ではオープンソースのCad作成プログラムであるKiCadを利用します。
    当日の会場でダウンロードしようとすると、時間がかかって作業開始が送れる可能性があるため、お使いのOSに合ったKiCadの事前インストールをお願いします。
    KiCad Download
  • 作りたい基板のアイディア
    どういう基板が作りたいか、実機をお持ちいただいても良いですし、関連資料があればお持ち頂いても良いですし、アイディアだけでも構いません。
    基板作成にあたって不明な点があれば、主催者の可能な範囲でご相談させていただきます。

会の内容

基板作成の全体像について説明した後、操作方法の概要を説明しながらサンプル回路を作ってもらったり、それぞれが取り組まれたい基板を作っていただく予定です。
文章ではイメージしにくい操作方法の小ネタを共有したり、操作方法が分からなくて詰まる時間を少なく出来ればと思います。

参加費の内訳

このような内容になっています。
基板発注時の費用は、各自ご負担ください。

  • 500円: 会場費
  • 2000円: サポート料

基板作成までの道のり

このような順序で、基板を作っていただけると想定しています。 作成される基板の規模や予備知識によって進むスピードが異なるとは思いますので、ご参加頂く方それぞれのスピードで進められたらと思います。

  1. 回路図を作成
  2. 回路図にフットプリントを割り当てて、ネットデータを作成
  3. ネットデータをベースに基板設計
  4. 基板をメーカー(OSHParkやelecrowなど)に注文
  5. 基板に部品を実装

当日のスケジュール

時間 内容
13:00 自己紹介
13:10 基板作成の全体像とKiCadの使い方を説明
13:30 それぞれ基板を設計してもらいつつ、不明な部分をサポート
17:00 成果発表
18:00 希望者で懇親会

懇親会は、会場から歩いて5分位のところにある、テント村という居酒屋での開催を予定しています。 飲む方2500円位、飲まない方1000円位が普段の価格です。

関連リンク

全体像と便利リンク集

全体像を説明するために主催者が作成した記事です。
情報共有はこのページをベースに行う予定です。
http://asukiaaa.blogspot.jp/2017/02/kicad_5.html

主催者がよく使うPCBメーカー

  • OSH park
    KiCadのデータを入れればプレビューを見れるので、完成品のイメージがしやすいです。 PCBのサイズで料金が決まるので、小さい基板(2x2cm位)なら3枚を数約円で発注できます。
  • elecrow
    10枚5x5cm以下を$14からが最小注文単位です。 OSH Parkより早くて割安です。

主催者が作ったことのある基板

このような基板を作れます。

自作基板にご興味のある方、ご参加をお待ちしています。